彼の為にアフターピルの決意!初めて使う避妊薬

緊急時に服用する薬

【アイピルってなに??】
これは低用量ピル(以下、OC)などと同じ"避妊薬"になります。
異なるのはその用量もですが、服用のタイミングも異なります。
OCは計画的に服用することで望まぬ妊娠を回避することができ、さらに副効果として「肌荒れの改善」や長期服用によって「子宮がんの予防」などにもなります。
一方のアイピルは、万一の時に服用する"緊急避妊薬(アフターピル)"になり、服用も1回のみです。
また副効果などもないので、妊娠を回避することだけが目的に服用するものであり、飲み薬で回避できる最後の方法と考えられています。
ちなみにこの薬はジェネリック医薬品になり、先発薬はWHO(世界保健機構)からも"エッセンシャルドラッグ"に位置づけられている「ノルレボ」となっています。
同じ「レボノルゲストレル」という成分が使用され、用量も1.5mgと同量になります。
先発薬は保険の適用を受けることが出来ない薬になるので、費用も5000~20000円が目安となっています。
ですが、アフターピルをジェネリックにすることで1錠を800円ほどで購入出来るので、避妊薬をお守り変わりに1錠もっておくと万一の時に焦る必要がなくなるはずです。

【レボノルゲストレルにはどんな作用があるのか】
レボノルゲストレルは黄体ホルモンとなっています。
これを服用することで2つの作用があります。
1、排卵を止める
2、着床しにくい状態を作る
排卵を抑制することで、受精卵となる機会を失わせることが出来るので避妊の効果が得られます。
また、排卵日の後でも子宮内膜が増殖することを抑えることが出来るので受精卵となった場合でも、かだらの中が着床しにくい状態になります。
2つの作用がからだを守り、SEX後72時間以内にアイピル1錠を確実に服用することでほぼ100%の確率で妊娠を回避することができます。

【注意】
これは毎回服用するにはからだへの負担が大きいので万一の時以外で服用するのは控えた方が良いです。
また、「アフターピルがあるからゴムは平気」なんて考えてしまう人も中にはいますが、コンドームはSTD(性感染症)を予防する上でも大切な行為になるので、妊娠を希望しないのであれば付けないでSEXすることは止めてください。